歯を失う原因のひとつ、ホントは怖い歯周病について。神林歯科(板橋区常盤台、歯科医院・歯医者)

東京都板橋区常盤台2-6-4 梅屋ビル4F
神林歯科への
電話でのお問い合わせはこちら
TEL 03-5392-6066

歯周病治療

手術はしません!

歯周病は歯肉の下で無症状で進行していく病気で、日本人の80%が羅患していると言われています。見た目では分かりづらく、ご自身ではなかなか見つける事ができません。きちんと検査をしてしっかり治療し、良くなった事を確認して維持していきましょう。

perio口腔外からの細菌に対して、最初の免疫システムは歯肉にあります。

歯周病になるという事は、その最初の免疫システムが壊れる事になり、体内への細菌の侵入を許す事になってしまいます。

重度の歯肉炎になると、歯茎の裏側が潰瘍面(粘膜や皮膚が炎症を起こし、くずれてできた傷の様な状態)となり、その面積が手のひら程の大きさになる事もあります。

口腔内に侵入した細菌は、歯周病で潰瘍面となった歯肉へ侵入し、毛細血管を通して心臓へ送られ全身へ回ってしまう可能性があります。また、唾液と一緒に細菌を消化器官へ送り、消化器官から肝臓へ侵入し肝硬変になる事もあります。

歯周病が原因で起こりうる病気

糖尿病・肺炎・狭心症・心筋梗塞・肝硬変・認知症(動脈硬化)・低体重児・骨粗鬆症

歯が失われる主な原因

全身の健康をお口から守っていきましょう。

全ての歯を助けられる訳ではありませんが、ぐらぐらしていて抜く様な歯も多数助けてこられたかと思っています。

ページトップへ